みんな知ってる?歯医者さんに習う口腔ケア

正しく歯をお手入れしよう

普段の歯磨きを振り返る

歯を磨くことが口腔ケアになりますが、間違った方法では意味がありません、。
歯ブラシを使って、歯を1本ずつ磨くことが重要です。
表だけでなく、歯の裏側もしっかり磨いてください。
両面に汚れが付着しますし、裏面に汚れが溜まりにくいです。
また一生懸命歯を磨くあまり、力を入れてしまう人がいます。
しかし力を入れると歯を傷つけて、そこからバイ菌が侵入するので注意しましょう。
優しい力で擦るだけでも、汚れを落とすことができます。

歯ブラシ以外の道具を使うことで、さらに口腔ケアの効果を大きくできます。
糸ようじは、歯と歯の間に挟まった汚れを取る時に使えます。
歯ブラシだけでは綺麗に汚れを除去できないかもしれないので、道具を使ってください。
一通りの作業が終わったら、液体歯磨きを使うのが良いですね。
口に含んでゆすいで、軽くブラッシングするだけで汚れを除去できます。
さらに虫歯を予防するフッ素を歯にコーティングしてくれるので、寝ている間の虫歯予防に効果を発揮できます。


定期検診に行くことも、口腔ケアに繋がります。
自分ではしっかり歯を磨いているつもりかもしれませんが、実はできていないことが多いです。
特に自己流の磨き方になっている人は、磨き残しが多いので注意しましょう。
歯を綺麗に磨けていないと、口臭の原因になります。
口臭は周囲の人にも迷惑を掛けるので、しっかり予防してください。
仮に病気になっていた場合でも、定期検診の時に気づけるとすばやく治療を開始できます。